一般漫画

漫画「31番目のお妃様」ネタバレ(1巻から最終回まで)

『召し上げられたは、『貧乏くじ』のお妃様!?』

 

ただの嫁入りの話かと思ったら大間違い。

 

滅多に国王である夫に出会えない31番目の王妃の座。

 

それを掴んでしまった少女フェリアの奮闘劇が描かれます。

 

この記事ではそんな「31番目のお妃様」について1巻から最終回まで解説していきます。

 

※その他、「31番目のお妃様」を無料で読む方法も解説しています。

⇒「31番目のお妃様を無料で読む方法」へジャンプ

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒「31番目のお妃様」を試し読み

(ebookjapanの作品ページへ)

 漫画『31番目のお妃様』の基本情報

タイトル 31番目のお妃様
作者 作画:七輝翼、原作:桃巴
出版社 KADOKAWA  
連載誌 B’s-LOG COMICS   
ジャンル 女性漫画  
価格(税別) 単行本715円

作者の作画:七輝翼、原作:桃巴先生について

作画:七輝翼先生

フリーランスの漫画家兼イラストレーター。

乙女系、少女漫画、小説やゲームの原作付きコミカライズ、児童書・学習漫画、歴史・教育・専門書・広告系等の多彩なジャンルで活躍中。

公式ホームページ:D-T

原作:桃巴先生

小説家になろうで今作を発表後、圧倒的な支持を受け、遂にコミカライズ。

原作小説は現在5巻まで刊行中。

漫画『31番目のお妃様』のあらすじ

召し上げられたは、『貧乏くじ』のお妃様!?

辺境の中の辺境にある領の領主の妹フェリア。

ある日突然、フェリアに「国王のお妃様に選ばれた」という話が舞い込んだ。

しかし、お妃様といっても3ヶ月に1度ある31日にしか王のお越しがない、誰もなりたがらない『貧乏くじ』のお妃様!

後宮入りしたフェリアは、「まあ、どうでもいいわ」と邸の庭に畑を耕し始め…!?

マクロン王との恋の行方は!?思惑はびこる後宮で、規格外のお妃様が大奮闘する成り上がり邁進劇!!

引用:ebookjapan「31番目のお妃様」作品紹介

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒「31番目のお妃様」を試し読み

(ebookjapanの作品ページへ)

 漫画『31番目のお妃様』の登場人物

フェリア

主人公の22歳の女性。

ダナン王国辺境のカロディア領から31番目のお妃様として後宮入りする。

勝気な性格。

リカッロ

フェリアの長兄でカロディア領主。

豪快な部分がある。

ガロン

フェリアの次兄。

マクロン

ダナン王国国王。

ビンズ

ダナン王国騎士隊長。

ゾット

31番邸の担当騎士。彼以外に2名担当騎士がいる。

ケイト

ゾットの姉で、王命によりフェリアの侍女となる。

 

ミミリー

15番目のお妃様。身勝手な性格。

 

女官長

ダナン王国の女官長。フェリアに執拗に嫌がらせを行う。

 漫画『31番目のお妃様』の単行本2巻までのネタバレ

 『31番目のお妃様』1巻ネタバレ

⇒1巻を試し読み(ebookjapanの作品ページへ)

31番目の妃で後宮入りしたフェリアは31番邸の庭が畑向きと気に入り、騎士団長ビンズに農機具を頼み、担当騎士達と農作業に励む。女官長から嫌がらせがあるが、屈しないフェリアに騎士らは信頼を置き、31番邸は他の邸宅の騎士達のオアシスとなる。

 

ビンズが困っていた他の妃達の喧嘩に対する解決策をフェリアが提案し、解決につなげた。

 

一方マクロンは妃選びでの交流で不満をあった。

 

ビンズと相談し長老会議で交流は負担軽減できたが、伴侶となる妃を見つけ心寄せる努力をとビンズに諭され、マクロンは心新たにする。

 

他の妃と喧嘩したミミリーに名を呼ぶも、身勝手な姿勢を非難し、邸宅に訪れないと告げた。

31日でフェリアとの朝の交流が女官長の妨害に遭い、再度夕方交流に向かうマクロン。

 

ビンズに諭されたがフェリアは顔に煤がついたまま食事と薬草茶をマクロンに振舞う。

 

疲れからフェリアが妃と気づかず眠るマクロンだったが、朝になり妃と気づき、名乗らずに寄り添ったフェリアに感謝し、礼を言う。

 

フェリアも気づかれたことで動揺する。

 

フェリアの状況をビンズに聞きマクロンは王命でゾットの姉ケイトをフェリアの侍女にする。

 

ケイトはミミリーによるミミズの贈り物の意図に気付くフェリアに感心する一方、フェリアの勝気な性格を利用した令嬢教育が行う。しかしケイト帰宅後にフェリアはゾッド達と剣の修行に勤しむフェリアであった。

手紙や贈り物などフェリアとマクロンは交流を深めていく中、3日後の欠席不可の王主催の軽装での茶会開催がフェリアはピンズから知らされる。

 

フェリアからビンズに託された手紙を読んだマクロンはフェリアを想う故、フェリアが31番目の妃であることを悲しむ。

 

『31番目のお妃様』2巻ネタバレ

⇒2巻を試し読み(ebookjapanの作品ページへ)

茶会は軽装の決まりの他、各妃が茶を振舞い、王が選んだ茶の妃は王とテーブルを共にする催しも。

 

軽装はフェリアのみ守り、催しもフェリアが選ばれる。

 

ミミリーが抗議した結果、ブッチーニ侯爵はミミリーを辞退させる。

 

ミミリーは号泣するが、フェリアが場をとりなす。

 

侯爵は詫びをフェリアに贈るが、フェリアはそれを利用し、侯爵にマクロンへの謝罪の機会を与えた。

茶会での事でサブリナはフェリアへの洗礼として、王城の自身担当侍女と女官長を向かわせるも失敗。

侍女を更に煽る。

 

マクロンに辞退の妃から文が届き、内容に彼は快諾。

 

3カ月目の妃選び夜会前日、侍女と女官長は男3人に31番邸を襲わせるが、フェリアは邸宅に火を放ち、マクロン達に知らせる。

 

門をゾッドに任せ、2人をフェリアが引き付け、が追い詰められた時マクロン達が到着、解決。フェリアは気絶。

気が付いたフェリアは2番邸にいた。

 

2番妃キュリーが文の主で、フェリアの妃教育と盾となる事を要求とし、フェリアもキュリーが協力者と理解。

 

翌日の夜会の準備もキュリーが行うことに。

 

夜会当日、マクロンは1番妃から順に意向を聞く。

 

キュリーはフェリアの様子を伝え、サブリナは城残留を希望。

 

フェリアはアルカディウスと過ごし、トラブルがあるもフェリアの機転で切り抜けたがやり方を公爵は咎める。

 

フェリアは公爵に礼をしつつ、格の違いを見せる。

 

公爵は勝てぬと言うが、サブリナは諦めない。

 

フェリアの番にフェリアとマクロンは互いの想いを伝え合う。

 

その後フェリアはマクロンの妃になるべく決意を新たにして、ケイトや騎士達はフェリアに一生仕えると誓う。

 

マクロンの方もフェリアの妃教育を「ペレ」に頼む。

 

『31番目のお妃様』を電子書籍で2冊ほぼ無料で読む

「31番目のお妃様」は電子書籍サイトの無料期間を利用して、2冊をほぼ無料で読むことが出来ます。

U-NEXTの600円分の無料ポイントで読む

初回利用者には31日間の無料体験期間があり登録時にもらえる600円分のポイントで31番目のお妃様(1冊715~737円)がほぼ無料で読めます。

 

無料体験まで2ステップ(1分弱)でカンタンに登録できます。

⇒U-NEXT公式サイト

※無料期間中に解約しても費用は発生しません。

 

music.jpの600円分の無料ポイントで読む

music.jp

U-NEXTと同じく無料体験登録時にもらえる600円分のポイントで「31番目のお妃様」(1冊1冊715~737円)をほぼ無料で購入できます

※music.jpの無料期間は30日間です

 

⇒music.jp公式サイト 

※無料期間中に解約しても費用は発生しません。

漫画『31番目のお妃様』の感想

1巻の感想

女官長の嫌がらせにも屈しない姿勢やミミリーからの贈り物の意図の気付き等、後宮を生き抜くのに必要なことを兼ね備えたフェリアがとてもかっこよく見えました。

そんなかっこいいフェリアが恋心に振り回されているのはとても愛らしく、思わず微笑んでしまうほどでした。

どのキャラクターの性格が個性的で、ストーリーもテンポがよく、あっという間に読んでしまいます。

2巻の感想

フェリアの機転が随所にみられる巻でした。

 

1つ1つの機転に見ごたえがあり、「なるほど」と感心しきりでした。

 

サブリナの洗礼はどれも自分の手を汚さないやり方だが、頭の切れる人だと思いました。

 

また洗礼があっても、次々解決されるため、すっきりとした気持ちで読み進められました。

 

キュリーとのやり取りは絶妙でクスッと笑える場面も見られて面白かったです。

 

「ペレ」というキャラクターが次巻でどう活躍していくのか楽しみです。

31番目のお妃様のTwitterの感想・評価

 

 漫画『31番目のお妃様』ネタバレと感想まとめ

ハラハラドキドキしっぱなしで、現在刊行されている2巻だけでも結構読みごたえがあります(*^^*)

 

とにかく次の3巻が出るのが楽しみで待ちきれません。

 

試し読みしたらフェリアの魅力にハマってしまうので出来れば試し読みしないでくださいねw

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒「31番目のお妃様」を試し読み

(ebookjapanの作品ページへ)